私とWorld Cup 2018

July 4, 2018

中田です。

 

7月は社長blogになります。

 

 

 

 

 

 

 

世間はW杯で盛り上がっておりますね。

 

かく言う私はサッカー経験は0、完全なシロウトではありますが

 

年間試合観戦数(プロ・アマ問わず)とウイニングイレブン総プレイ時間では

 

その辺のサッカーファンに勝るとも劣りません。

 

 

そんなフットボールジャンキーな私も当然のごとく全試合観戦しておりますが、

 

「W杯のトレンド」というものに、すごく重点を置いて見ております。


 

2010年南アフリカ大会では、世界に驚きと衝撃を与えた「ポゼッションスタイル」

圧倒的なボールポゼッションと正確なパスでスペインが初優勝しました。

 

決勝戦でゴールをあげたイニエスタのゴールシーンは記憶にも新しいですね。


 

 

 

余談ですがJリーグのヴィッセル神戸にそのイニエスタが来ますよ。

 

ネット上では#イニエスタ大喜利 で検索すると

 

「イニエスタがヴィッセルに加入するのがどれほどすごいか」を面白く例えています。笑

 

 

そして

2014年ブラジル大会では、アスリート色(フィジカルの強さ)とショートカウンターを

主軸とした縦に速く、強い攻撃が主流になり

 

ドイツが世界を制しました。

 

 

2018年ロシア大会では、時間帯で前線がゲーゲンプレスをかけつつ

中盤から後ろがリトリート気味でガッチリとラインを下げボールを弾き出し

 

前線のスピードのある選手めがけてロングカウンターを仕掛けていくと言う得点パターンが多いような気がします。

 

ドイツー韓国の1・2点目や日本ーベルギーの後半ロスタイムでの3失点目

 

フランスーアルゼンチンのムバッペがpkを獲得したシーンなど

 

象徴的なシーンもありますしね。

 

 

現代サッカーに於いて、4-4-2とか4-2-3-1とかのいわゆる数字のフォーメーションはあまり

意味をもたないように感じております。

 

それよりも複数のフォーメーションをオプションとして持って、

複数のポジションを状況に合わせてこなせる戦術・選手が多く起用されていますね。

 

そんなサッカーの持つ「頭脳戦の面」を注目して見るのも新たな楽しみ方かも知れませんね。

 

 

 

この後もどんな大会になっていくでしょうか・・・

 

寝不足の日々が続きます。

 

 

 

ちなみに私の優勝予想は・・・・   Les bleus ! France!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

新施設OPEN!

March 18, 2018

1/2
Please reload

最新記事

October 22, 2019

October 16, 2019

October 1, 2019

September 17, 2019

September 4, 2019

August 20, 2019

Please reload

アーカイブ